高架下の張り紙

新世界ジャンジャン横丁入口の高架下。
注意喚起や警告の張り紙が多く貼られ、コロナ関連の張り紙もある。
数年前までは昭和な雰囲気を残す味がある場所だったのだけど、自由に活動していた人や店が排除され、張り紙ばかりになってしまった。

いろいろと事情があるんだろうけど、寂しいねぇ。

今が殺伐とした張り紙ばかりだけど、以前は、注意書きにも愛嬌があったりした。
2014年の「破裂するで!!」

2008年〜2009年頃に訪れた時は、よくわからない物を売ってる人、弾き語りの人、座敷童子みたいなおばあちゃんが店番をする激安衣料品店、激安たこ焼き屋、アヒルの新聞屋さんなど、魅力的な露店が沢山あった。

2014年頃から、大阪市によって、全部無くなっていった。

今はもう何も残っていない。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました