マやスおクや

マスクが貴重で高価な物になった。
大阪で販売している店は少なく、販売している店は派手にマスク販売のアピールをしている。

通勤途中にある小さな八百屋には、「マスクあります」の手書き看板が立てかけられている。

八百屋でマスクを売る時代。

みんな、生きるのに必死だ。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました